フリーランスが親子揃ってインフルエンザになったらどうなるのか?

こんにちは、よっぴ(mamalaugh4)です。

先月アデノウイルスにかかって1週間保育園をお休みしたばかりの息子ですが、今月は親子揃ってインフルエンザB型になりました。泣

しかも今回は息子ではなく、わたし発信という免疫力のなさ。

まじめに毎年予防接種も打っているのに(息子なんて2回!7000円よ!)これでもか!というほど、高熱・頭痛・悪寒に襲われまして、まじで生きた心地がしなかったです…

そんな悪夢のインフルエンザから、やっとこさ解放されまして、「はて、その間わたしの仕事はどうしたの?」という部分を振り返ってみたいと思います。

外出禁止期間は合計10日間

まずわたしが発症したのが、2月25日(日)の夕方。

何となく頭痛いな〜寒気がするな〜と思っていたら、あっという間に40℃まで上がって「This is Chidoriashi(これは千鳥足です)」と100人が100人答えられるくらいの千鳥足っぷりを披露しておりました。

よっぴ

なのにインフル陰性。うそん。

とはいえ出かけられるほどの体力はなく、結局ずっと家にいたんですが、結果2日後の再検査で陽性が出て、発熱から丸5日間は引きこもりでした。

そしてやっと治ったと思ったら、息子インフルエンザB型発症。

3/2(金)夜に発熱、翌日病院ではっきりと陽性が出て、3/7(水)まで保育園お休み確定。

おいおい、まじかよ。治った頃に始まることの恐ろしさを身をもって体験しました。

よってわたし5日間、息子5日間の外出禁止令がくだされて、結局10日間もお家で引きこもることになりました。

その間の仕事はどうなったの?

結論からいうと、在宅ワークに関しては「一切被害なし」でした!

専業主婦がリスクなしで在宅フリーランスになるためにやったことにも書いたとおり、わたしはいま週3日在宅ワークをしています。

ただインフルエンザといえども、ピークは1日目、2日目くらいなもんで、熱も上がったり下がったり、あとは元気だけど人にうつるから外出禁止という日が3日ほど続くんですね。

よっぴ

元気なのに仕事に行っちゃいけないって、めちゃくちゃ心苦しいですよね。

病院の先生にも「いくら忙しくても今週いっぱいは出社したらダメだからね!」と念押しされました。

ところがどっこい。

よっぴ

在宅だから、体さえ元気になれば仕事ができるんです!きらーん☆

しんどさピークのときはゆっくり休んで、復活したら週3日分をまとめてやっちゃうという手法で、結果的には誰にも迷惑をかけることなく、収入も減ることなく、乗り切ることができました!

主人には保育園の送り迎えとわたしの病院付き添いで半休を2回とってもらったけど。笑

10日間も外出禁止の人間が2人いて、これで済んだってなかなか優秀なんじゃないかなと思ってます。

会社勤めだったら急に2週間お休み!なんて許されないのかな。

よっぴ

誰もに起こりえることだから寛大に受け入れてほしいけど、難しいところですね。泣

ブログは更新ゼロ。でも収入はあった!

さすがに、この間はブログを更新する時間はありませんでした。

本来在宅ワークするべき時間に寝て、ブログ書くはずの時間に在宅ワークをしているので、必然的に削られるのはブログを書く時間となります。

まあこればっかりは仕方ないし、別に更新しなくても誰からも怒られることはないので、また復活したら頑張ろうと思っていたのですが…

な・なんと!!!この間にもブログ収益が発生していたんです;;

よっぴ

普通だったら考えられないですよね。労働が対価という考え方なら特に。

でもブログはわたしが倒れている間にも、収益を生み出してくれる。

なんんんんってありがたいツールなんだ!!!とパソコンを拝みましたよ。まじで。笑

なんでそんなことができるの!?ブログ収益って何!?という方は、こちらを読んでくださいね。

「ブログで収入が得られる仕組み」を超機械オンチの主婦が聞いてきました!

2歳児をみながら在宅ワークをして思ったこと

うちは保育園に通っているので、普段は静かな家で黙々と在宅ワークに取り組んでいるのですが、今回息子が家にいながらの在宅ワークを経験してみて思ったこと。

それは…2歳児強敵すぎる!!!

仕事どころか、パソコンすら開けませんでした。泣

いや、ずっとyoutube見せてたり、お菓子を食べさせてたらしばらくはじっとしてるんですけど、なんかそれって違うなと思っていて。

「子連れ出勤OKの会社で働きたい」と思っていたわたしが入社辞退をした理由に書いたような状況が、家でも起こりかねないなと思ったので、この間は割り切ってパソコンを開きませんでした。

なので、私は「在宅ワークだからこども見ながらでも仕事できるでしょ」っていう考えには、断固として反対です。

それが理由で保育園に入りにくいなんて、本当に意味がわからない。

仕事場が会社か家かだけの違いであって、仕事も子育ても片手間になんてできないんですよ!政府のお偉いさん。

だからフリーランスでも在宅ワークでも、正社員と同じように保育の必要性を認めてほしい。

そんなことをより一層強く思った10日間でした。