Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
専業主婦から在宅フリーランスになった主婦のブログ【在宅ママブランド】

fotowaで撮影したニューボーンフォト公開!当日の流れとクーポン情報【口コミ】

fotowaニューボーンフォト

先日、【友達紹介コードあり】2児母がfotowaのニューボーンフォトを選んだ理由という記事を書きましたが、撮影2日後に180枚もの素敵すぎるデータが届き、大興奮しているママブロガーよっぴ(@yoppi_mama)です…!

そこで今回は、実際に撮影してもらった写真付きで

  • 撮影時間って1時間で足りる?
  • どんな写真を撮ってくれるの?
  • 上の子がいる場合は?
  • 安全性はどうなってる?
  • お茶とか出した方がいい?←

など、わたしが撮影前に気になったことを中心に当日の流れをシェアしていきます。

しかも今fotowaでは、めっちゃくちゃ熱いキャンペーンが行われていて…

  1. Amazonギフト券プレゼント(1000円分)
  2. 撮影料割引(2,200円分)&フォトブック(3,300円分)無料キャンペーン

の2つを併用することで、6,500円分も得できるんです!

▼キャンペーンの詳しい内容はこちら

fotowaクーポン情報!今だけ無料フォトブック付きのお得すぎるキャンペーン【12月まで】

キャンペーンは期間限定なので、ニューボーンフォトをはじめ、お宮参りや七五三、マタニティフォトなど出張撮影を検討している方はこの機会に撮影されることを強く強くオススメします!

▶︎fotowa(フォトワ)って?

家族4人で平日に撮影してもらったよっぴ家の概要

fotowaは平日の方が撮影料金が安いので、わが家は夫が育休中ということもあり、迷いなく平日の撮影に決定!

上の子は午後のみ保育園をお休みして、生後18日目に撮影していただきました。

  • 場所:自宅
  • 日程:生後18日目
  • 時間:13:00〜14:00の1時間
  • 料金:19,800円(平日料金・税抜)
  • 人数:4人(夫・わたし・長男5歳・長女0歳)

ニューボーンフォト撮影当日の流れ

12:30|授乳

ニューボーンフォトは基本的に「寝ている状態」で撮影するので、30分前には授乳をして、おなかいっぱいにしておいてくださいとのこと。

なので、撮影前から1日のスケジュールを逆算して赤ちゃんの状態を整えておくことがポイントです!

13:00|カメラマン到着・撮影準備

スーツケースぎっしりの小物と大きなビーズクッション、脚立などを一式抱えてカメラマンさん登場!

撮影場所は2畳分くらいのスペースがあればOKとのことだったので、わが家はリビングにある掃き出し窓の前で行うことにしました。

希望の撮影スタイルは事前にお伝えしていたので、当日わたしがしたのはおくるみの色を選ぶくらい。

その間にテキパキとセッティングしてくださり、ものの5分でおうちスタジオが完成しました!

13:05|家族写真・兄妹ショットの撮影

撮影順は赤ちゃんの状態によって変えるようですが、わが家は絶対に家族&兄妹ショットを撮ってほしかったので「上の子の機嫌がいいうちに」と先にみんなで撮影をしてもらいました。

ニューボーンフォトで家族写真

ただ、ここで時間を使いすぎるとニューボーンに支障が出るので、かけた時間は全部で15分程度。

上の子が5歳なのでまだスムーズに進んだ方ですが、それでも赤ちゃんを触りまくったり、おくるみがずれたり、裸になるの恥ずかしい!と一悶着あったり(女子か)

fotowaニューボーンフォトと兄弟撮影

▲どうしても裸ショットを残したかったわたしのこだわりが右下の写真

親としては2人ともがベストな状態で写真を撮ってほしいので、つい上の子に「ちゃんとして」「早くして」と言ってしまいそうになりますが(いや、何回も言うてたわ)

機嫌が悪くなったら元も子もないので、わたしはアンパンマンのぱふぱふ鳴るおもちゃでひたすら音を奏でまくり、極力上の子が調子にのれる言葉を並べたりと汗だく。

そうこうしてる間にも、プロはまるで初めからスムーズですよ感溢れる写真をたくさん残してくれて、いま写真を見返してみるとあの15分はわたしの錯覚やったんかなとさえ思える素晴らしい仕上がりになっていました(間違いなく現実)

13:20|新生児の撮影

家族写真が終わってからは、鬼のスピードで新生児の撮影…!

素人のセンスよりも、プロがオススメするショットの方が絶対いい!という情けない自信があったので、わたしは「とにかく時間の許す限り、いろんなパターンの写真を撮ってください」という1番厄介な要望だけを伝え、衣装も撮り方もすべてカメラマンさんにお任せしました。

すると、定番のおくるみフォトはもちろん…

fotowaニューボーンフォト

ポートフォリオでよく見ていた、くまやうさぎの衣装も着せていただき…

fotowaニューボーンフォト

さらにはオシャンすぎる、かごショットや天使の羽までつけてくれました…♡

fotowaニューボーンフォト

やっぱり任せて大正解(どやっ)

最後には「部分写真とかどうですか?一緒に撮影したいものがあればぜひ〜!」と言っていただき、インスタに載ってそうな足に指輪をひっかけ、夫婦でハート形を作るという、これまた高度すぎるショットにも挑戦させていただきました…!

fotowaニューボーンフォト

▲右下の手の写真は、家族で大きさを比較しているらしい(後日談)

ただカメラマンさんのおかげで新生児の撮影はスムーズに進んだものの、ここでも問題なのが上の子の存在…!

この時点ではもう上の子の出番は終了なので、時間も体力も持て余しており…

さらには、カメラマンさんとも心打ち解けてきた頃なので、まあ喋りかける。小物触りまくる。アンパンマンのぱふぱふ鳴らしまくる(30分前のわたしデジャヴ)

うちは夫がいたので何とか遊び相手になってもらいましたが、これから上の子も一緒に撮影する方は、ぜひ大人2人体制で挑むことを強く強くオススメします(げっそり)

14:00|片付け・帰宅

撮影は1時間きっちりで終了。

家族写真も撮ってもらったし、1時間で足りるかな?と思っていましたが、結果的に期待以上の撮影をしていただき、納品してもらったデータは180枚もありました!

ちょうど撮影後すぐに起きたので、赤ちゃんのことを考えても、ささっと1時間で撮ってもらえるのはありがたかったです。

人気カメラマンは、1日に何本も依頼を受けているらしく、今日もこの後撮影があるとのことでさっと片付け、またまた嵐のように帰っていきました…!

なので、お茶は出していません←

【まとめ】一生の宝になるニューボーンフォトは絶対おすすめ

今年はコロナ禍での撮影になるので、ニューボーンフォトを撮るべきか悩みましたが、今しか撮れない姿をプロの技術で残すことができて、やっぱり撮影してよかったなと感じています。

よっぴ

こちらへの配慮として、入室前にこれでもかというほど消毒を浴びておられました←

わたしは対応エリアの中で最も評判のよかった女性カメラマンさんにお願いしたのですが、まだ母子ともに外出ができない時期に自宅まで来ていただき、小物レンタルの種類もたくさん用意してもらって、産後間もない身としてはこちらの負担が少なく済んだことがとてもありがたかったです!

撮影中に赤ちゃんが動きはじめて起きそうになっても、ハンドパワーをお持ちですか?と聞きたくなるくらい一瞬で寝かしつけてたり、哺乳瓶の乳首にティッシュを詰めたおしゃぶり代わりを使ってすぐに落ち着かせたりと、もう一緒に住みましょうって感じでした(どんな感想)

新生児期の写真って私たち親にとっても特別なものですが、子どもが大きくなったとき、またその子どもが子を産むとき、いろんなことを感じられるかけがえのない宝物になるんじゃないかと思っています。

撮影2日後には大量の写真データが納品されたので、アプリで祖父母に共有したり、フォトブックを作ったりと楽しみが増えていくことも嬉しい!

産後すぐの撮影でしたが、家族共々とっても楽しく、満足度も高かったので、またお宮参りや七五三でも利用できたらいいな♡

▼キャンペーンの詳しい内容はこちら

fotowaクーポン情報!今だけ無料フォトブック付きのお得すぎるキャンペーン【12月まで】

\詳細はfotowa公式HPをチェック/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA