時給で働ける!よっぴが登録したおすすめの在宅ワーク求人サイト

【インタビュー】未経験から直接契約のWebライターになった在宅フリーランス朝子さん #5

こんにちは、よっぴ(@mamalaugh4)です。

フリーランスママ紹介企画も第5弾を迎えることになりました!

今回は何気なく目についた広告がきっかけで在宅ワークを知り、2年目にして直接契約で働くフリーランスになったWebライター朝子さんのご紹介です。

妊娠中に始めたことが産後の働き方に繋がっている〟という部分にすごく希望を感じたので(実はわたしもそうです!)ぜひぜひプレママ・産休育休ママにも読んでほしい!

直接雇用でお仕事を受けるようになるまでのお話もたっぷりしていただいているので、本格的にライター業で働いてみたいという方も必見ですよ!

朝子さんプロフィール

2歳の女の子を育てる34歳の母。

妊娠後期に在宅ワークを始め、現在は在宅フリーランス3年目。

損害保険会社での勤務経験を生かし、主に保険・金融系のライターとして活動中。

運営サイト「あさこのゆ」Twitter「@asaasakotw

ライター業という在宅ワークについて

現在はどのような在宅ワークをしている?

  • ライター(WEBサイト・企業や店舗のホームページなど)
  • 保険関連のサイトで他のライターが書いた記事を校閲・編集
  • 企業・店舗のWEBサイト、ホームページ制作
  • SNS運用代行

在宅ワークを始めたきっかけは?

スマホで芸能人のブログを読んでいたとき、クラウドソーシングサイトの「体験談や口コミを書くだけでお金をもらえる」という広告を発見し、軽い気持ちで口コミを投稿したことが、在宅ワークとの最初の出合いです。

会社勤務の経験しかないわたしは、自宅のパソコンから500字ほどの口コミをサイトに投稿するだけでお金を稼げることにビックリ。

その日だけで何件も投稿し、一日で15,000円稼げたのが嬉しくて、スキマ時間に体験談や口コミを投稿するタスク型の仕事を始めました。

その2週間後、同じクラウドソーシングサイトでプロジェクト型と呼ばれる長文記事を作成する仕事のスカウトが入り、5,000字の記事を書いたことが今につながっています。

在宅ワーク歴は?フリーランスを目指していた?

妊娠後期から始めたので、2年ちょっとです。

もともと在宅フリーランスになりたいという思いはまったくなく、産後は再就職&会社員としてキャリアアップしたいと考えていました。

でも、何気なく始めた在宅ワークが運よく軌道に乗り、在宅フリーランス2年目で個人事業主として正式に開業しました。

ライター業の平均収入は?また最高月収は?

現在は、諸事情で夫の扶養に入っているので月7~10万円くらいをコンスタントに稼いでいます。

昨年、扶養を抜けていた期間があり、そのときの最高月収は50万円くらいです。

ちなみに、ライターとしての文字単価はスタート時点で0.6円だったのが、今では5~10円くらいのお仕事ばかりになりました。


ライターになるにはどこへ応募すればいい?

ライターで利用したクラウドソーシングサイトは?

最初に使ったクラウドソーシングサイトは、今は無き「ウーマンアンドクラウド」というサイトです。

サイバーエージェント系列のサイトで、アメブロを読んでいたときに発見しました。

半年ほど利用した後、サービス提供自体が終了してしまったので、そこからはランサーズを利用し始めました。

ランサーズは報酬額や評価が一定以上の利用者には「認定ランサー」という称号が付くのですが、ランサーズを利用して3か月目には認定ランサーになっていました

それでも、クラウドソーシングサイトを使ってお仕事をしていたのは合計でも1年ちょっとで、そこからは直接契約のみでお仕事をしています。

たとえば、節約ブログとして有名な「ノマド的節約術」にも寄稿させていただいています。

ランサーズ公式HPを見てみる

「ノマド的節約術」でライターをし始めたきっかけは?

WEBライターで書籍の出版もされている「なつみと」さんのオフ会に参加したときに「ノマド的節約術」の松本さんと出会ったことがきっかけです。

わたしが保険関係のライターをしていることを松本さんが覚えていて下さり、翌日DMでお声がけ頂きました。

「ノマド的節約術」は読者としてよく読んでいたので、とても嬉しかったです。

また、松本さんが記事の書き方や考え方など、惜しみなくいろんなことを教えてくださるので勉強にもなります。

今でも、なつみとさんと松本さんには心から感謝しています。

その他のライター依頼を受ける手段は?

以前は、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトやWantedlyでわたしのプロフィールを見たWEBコンテンツ制作会社の担当者さんからスカウトを頂いていました。

ここ1年くらいは、ツイッターやブログを読んで下さった担当者さんから、DMやブログの問い合わせページ経由でお仕事の相談を頂くことが多いです。

子育てしながらのブログ運営について

ブログを始めようと思ったきっかけは?

文章を書く仕事を始めて、制約なく書きたいことを自由に書く場が欲しいと思ったのと、WordPressは触れたほうがいいと考え、自分で開設してみようと思ったからです。

朝子さんにとってブログとは?

わたしの場合、ほかの仕事で収入が得られるので、ブログで稼ぐという意識はあまり持っていません。

深く考えずに始めたブログですが、自分の経験や考えを残すことで新しい出会いやお仕事の相談を頂けるので、今は「人とつながる場所」だと思っています。

子育てしながら、時間を捻出するために工夫していることは?

先日娘が2歳になり、週2,3日保育園に通うようになりました。

そのため、現在は娘が保育園に行っている間に仕事をして、娘といる時間はほぼパソコンは開きません。

それまでは、自宅育児で娘と24時間一緒だったので、仕事は深夜にしていました。

まったくお昼寝をしない子だったので、時間の確保には苦労しましたが、スキマ時間やスマホで出来ることは片づけておき、深夜にパソコンを開いたら一気に進められるようにしていました。

今でも、寝かしつけをしながら頭の中で記事の構成を練ったり、夫が娘と遊んでいる間にチラシの裏に記事アイデアをメモしたり・・・

普段から仕事のための小さな材料集めは無意識にやっている気がします。


・在宅ワークやブログを始めたいと思っているママへ

わたしがこれから在宅ワークやブログを始めたいと思っているママたちへアドバイスしたいのは、この2つです。

  • とにかく始めてみよう!
  • 人と比べずマイペース!

経験がなくてもとにかく始めてみる

わたし自身、ライター経験もWEB界隈の知識も全然なくて、最初は「記事の見出し」や「WordPress」という言葉の意味すら知りませんでした。

でも、お仕事をしながら、その都度わからないことは自分で調べたりクライアントさんに質問したりして、一つずつ解決してきました。

ですので、まずは「習うより慣れろ」の精神で、とにかく始めてみたらいいと思います!

人と比べずマイペースに

また、子育て中のママたちは、とにかく時間がありませんよね。

そして、同じママでも、環境や子どもの性格などによって、確保できる時間や心の余裕はそれぞれです。

なので、他人を比べてしまうと、時には苦しくなってしまうことも・・・。

まずは自分が無理なく続けられることが大切だと思いますし、自分の目標に向かって実績を一つひとつ積み上げて行けば、それが自分の自信になるはずです。

わたしもこれまで人と比べず、ただ目の前のお仕事と目標をクリアし続けてきたことが今につながっています。

楽しく、無理せず、ゆるゆると、一緒に頑張りましょう!

ランサーズ公式HPを見てみる

朝子さんプロフィール

2歳の女の子を育てる34歳の母。

妊娠後期に在宅ワークを始め、現在は在宅フリーランス3年目。

損害保険会社での勤務経験を生かし、主に保険・金融系のライターとして活動中。

運営サイト「あさこのゆ」Twitter「@asaasakotw

https://yoppi-kosodate.com/2018/07/11/zaitaku-list/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です