ママフリーランス・在宅ワークブログはこちら

顔のヘルペスが治らない!薬が効かないと思ったらまさかの帯状疱疹だった

こんにちは、よっぴ(mamalaugh4)です。

先日初めて「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」というものが鼻筋にできてしまい、ろくに外出もできない日々が2週間も続きました。

しかもはじめは単純ヘルペスという診断を受け、処方された薬を飲んでいたのですが、まったく治らず。

帯状疱疹とわかるまでに5日かかり、1ヶ月経った今もくっきり痕が残っているなかなか厄介なものでした。

  • ヘルペスって言われたけど治らない
  • 顔にできる場合もある?
  • 痛くないってありえる?

そんなネット情報に掲載されている常識ではない症状でも、帯状疱疹の場合はあります。

今回は先生にも「数少ない」と言われた、わたしの帯状疱疹の状態や経緯について記載していきます。

鼻筋に帯状疱疹が!初期症状は?

ものすごく珍しいみたいなのですが、私は鼻筋に帯状疱疹ができました。

初めは直径2cmほどの赤みで、痛みもかゆみもほとんどなく、メガネのかけすぎかな?くらいなもんで。

それが翌日からだんだん痛かゆくなり、水泡が数カ所できて、これはただごとではないなと。

ただ同時期にくしゃみ鼻水に加え、のど〜首のリンパも痛かったので、先に耳鼻科に行ったんですね。

そしたらリンパの痛みも花粉症の影響かな?と、アレルギーの薬を出されておしまい。

鼻に関しては皮膚科に行ってくださいとのことだったので、その足で皮膚科に向かいました。

単純ヘルペスとの診断。ただ全然治らない

2時間待ちの末、やっと診てもらえたところ「ヘルペスで間違いなさそう」との診断が。

ただヘルペスには下記2種類あるそうで

  • 単純ヘルペス(軽度)
  • 帯状疱疹(重度)

わたしは痛みもほとんどないし、症状が出ているのも1箇所かつ2cm程度だから、おそらく単純ヘルペスだろうという診断がくだり、薬を飲んで2日もすれば治るよと言われ一安心したのです。

が、2日経ってもぜんっぜん治らん!!!!

むしろ悪化してるぞ!!ってことで初診から2日後また病院へ行くもまさかの6時間待ち(皮膚科でそんなことある?)

さすがに待ってられないので別の皮膚科へ行くことに。

処方された薬

ちなみに「単純ヘルペス」の診断で処方された薬はこちら。

  • バラシクロビル錠500mg「アスペン」(飲み薬)
  • ビダラビン軟膏3%「MEEK」(塗り薬)

このアスペンという飲み薬がめっちゃ大きくてびっくり…!

一般的な薬の3倍ほどのサイズがありました。

これでも1日2回で効くなら!と飲んでおりましたが、結果的に意味なしでした。

発症から5日後の症状

このとき発症からすでに5日目。症状の範囲は直径5cmほどに拡大。

水泡がどんどん増え、皮膚はただれた状態になり、とにかくかゆい(痛みはほぼなし)

右目が腫れ上がり、右首のリンパもどんどん痛くなって確実に悪化していました。

よっぴ

とても外出できる状態ではなく、保育園の送迎も夫や親に協力してもらい、なんとか乗り越えた感じです。

帯状疱疹と診断。痛みがない場合もあるらしい

別の皮膚科で今までの経緯を話したところ、「帯状疱疹で間違いないでしょう」との診断が。

というのも、処方された薬で効果が出ていないのなら単純ヘルペスではないので、残る選択肢は帯状疱疹とのこと。

右の首筋に腫れや痛みを感じていたのも、どうやら帯状疱疹の特徴なんだとか(左右どちらかに症状が出るそうです)

ただわたしの場合、症状の範囲が狭かったことから、初回で帯状疱疹と診断するのは非常に難しいと2人目の先生もおっしゃっていました。

帯状疱疹はやはりすぐには治らないこと、薬がどこまで効くかわからないことなどを説明してもらい、わたしの心は真っ暗に。

とりあえず薬を飲んで、また2日後来るようにと言われました。

処方された薬

以前処方された単純ヘルペスの薬では治らないらしく「アシクロビル」という薬に切り替えました。

なんとこの薬、1日5回(2錠ずつ)飲まないといけないんです…!

朝・昼・おやつ・夜・寝る前なので、かなり短期スパンでしたが、サイズは小さくなりました。

しかも法律?か何かの決まりで1週間分しか出せないちょっと強めの薬らしい。

どうやら点滴がわりにもなるそうです。

発症から1週間後

帯状疱疹の診断を受けてから2日後、薬の効果で皮膚のただれがだんだんかさぶたになり、腫れも随分ひくように。

先生も一安心したようで、引き続き薬を飲むようにとのことでした。

見た目はまだまだ気になるけど、そのほかの症状はほぼないレベル。

2日後に親友の結婚式があったのですが、ほぼかさぶた化しているし、短時間であれば化粧もOKと許可も出ました!

帯状疱疹その後の経過

帯状疱疹を発症してから1ヶ月が経ちました。

現在の状況としては、かさぶたはすべて取れ、違和感もまったくありませんが、あざのような痕はくっきりと残っています。

ファンデーションを塗れば目立たないレベルですが、このあざが今後消えるかはわかりません。

帯状疱疹含め、ヘルペスになる原因はほとんどがストレスなんだとか。

よっぴ

どっちの先生にも「悩みはない?」「パート先でいじめられてるとか、子育てで悩んでるとか」ってめっちゃ心配されましたww

が、自覚症状としてはまったくストレス感じてないんですよね。

このブログの読者の方はきっと「よっぴほどノンストレス重視で生きてる人も珍しい」とお思いのことでしょう。

ただ季節の変わり目など、免疫力が低下しているときにもなりやすいみたい。

帯状疱疹は水ぼうそう経験者なら誰でもなる可能性があるらしく、再発もするらしいので、今後もストレスには要注意していこうと思います。

【まとめ】水泡ができる前にすぐ皮膚科へ

帯状疱疹・ヘルペスは早めの服薬がカギとのことなので、違和感を感じたらすぐ皮膚科に行きましょう。

5日以内に内服薬を飲めば、症状が残りにくいみたいなので、わたしはギリギリだったかもしれません(帯状疱疹カウントだとギリギリアウトかも)

幸いわたしは狭い範囲での発症でしたが、鼻筋なので隠すこともできず、2週間程はろくに外出もできませんでした。

その間は心も病んで、家族にたくさん心配をかけてしまったことが反省です(泣)

毎日慌ただしく生活していると、自分のことは後回しになってしまいがちですが、家族が明るく生活するためにはママは元気でいないとダメですね!

ヘルペスも帯状疱疹も薬である程度は治るものなので、水泡ができるなど症状が出る前に気になったらすぐに病院へ行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA