Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
専業主婦から在宅フリーランスになった主婦のブログはこちらをクリック

【レビュー】安いハードカバーのフォトブックを求めてしまうまプリントで作ってみた

しまうまフォトブックのハードカバーが安い

よっぴ
よっぴ

どうも、フォトブックマニアのよっぴです

娘のお誕生日にフォトスタジオでおしゃれな撮影をしてもらったので「せっかくならハードカバーのフォトブックを作成したい!」と思い、今回初めて『しまうまプリントのフォトブック』プレミアムハードを利用してみました!

1番お安い「ライト」プランは御用達で、その画質やコスパの良さは信頼していたのですが、プレミアムハードは激安のしまうまさんの中では最も高いプランなので他社とも比較しまくりましたが、結果大満足の仕上がりだったのでレビューします。

ハードカバーのフォトブックが1,498円〜作れるなんてなかなか聞かないので、品質が気になっている方の参考になれば幸いです。

しまうまフォトブック公式HP

プレミアムハードの仕上がりはこちら

まず仕上がりはこんな感じ。

A5サイズ48ページで作成

プレビューで見たままのイメージ通りで、大満足でした!

表裏ともに表紙がしっかりしていて、大切な写真を形にするにはやっぱりハードカバーだなと思わされる仕上がり。

表紙のデザインは自由に選べるのですが、私はお気に入りの写真に「タイトル(1st Birthday)」と「サブタイトル(名前+1歳の誕生日)」を入れてみました。

タイトルは背表紙にも印刷されますが、13文字以内と短めなのでこれくらいが限界です。

しまうまフォトブックを選んだ理由

そもそもハードカバーのフォトブックを作れる会社自体が少ないのですが、私が求める以下の条件をすべて満たしていたのが『しまうまプリントのフォトブック』でした。

  • A5サイズがある
  • フルフラットになる
  • ハードカバーでも安い
  • 画質がきれい
  • おしゃれなデザイン
  • スマホで作ることができる

A5サイズがある

わたしはA5サイズで統一しているので、該当サイズがあることは必須条件でした。

他にも正方形のスクエア、A4サイズもあります(文庫はハードカバーの対象外)

A5サイズ推しをしている理由は、カラーボックスや本棚に収納しやすいこと(A4では大きすぎる)

あとはレイアウトで1ページあたりに2枚ずつ配置することで、掲載枚数が倍に増え、かなりコスパがいいです。

よっぴ
よっぴ

スクエアの場合、複数掲載すると1枚あたりのサイズが小さくなりますが、A5は写真のL版よりも大きいので見やすいです◎

表紙がフルフラットになる

お安いプランの「ライト」はフルフラットになりませんでしたが、「プレミアムハード」はしっかりと見開き180°まで開きました!

ハードカバーでも安い

ハードカバーはどうしても高額になるので、ざっと調べただけでも1万円近くするものがほとんどでしたが、しまうまフォトブックはA5サイズ48ページで¥2,789円と超破格…!

よっぴ
よっぴ

しかも48ページだと最大185枚も掲載できます!144ページにすると、なんと569枚も!

よくキャンペーンもしており、今回わたしもプレミアムハードが20%オフになるタイミングで注文することができたので、さらにお得でした。

しまうまフォトブックの価格を見る

画質がきれい

ライトプランでも不満がある画質ではありませんでしたが、紙質が違うからかプレミアムハードはさらに高画質になっているように感じました。

フォトスタジオで撮影してもらったので色味も多かったのですが、パソコンで見たままのきれいな発色で、こちらも大満足。紙質はライトに比べ、かなりつるつるしていました。

おしゃれなデザイン

表紙のデザインや写真のレイアウトを豊富に選べるのはもちろんですが、わたしのお気に入りは「フチなし」です。

これを選ぶだけで無駄な余白がなく、一気におしゃれな写真集に仕上がります。

おすすめは1ページあたり2枚のレイアウトですが、縦長の写真を1ページフチなしで配置したり、2面にわたって1枚の写真を掲載するとより迫力のあるデザインになります。

スマホでも作れる

しまうまフォトブックはアプリが用意されているので、パソコンがなくてもスマホに入っている写真を使ってそのまま作成することができます。

ただ画像枚数が多い場合やパソコンにデータをダウンロードしている場合などは、スマホよりもパソコンからの方が操作しやすかったので、これはお好みかもしれません。

フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック
フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック
posted withアプリーチ

あえて言いたい惜しいところ2点

価格を考えると申し分ないコスパの良さですが、あえて惜しい点を挙げるとすると以下でしょうか。

  • ソフトカバーがない
  • 写真紙はハードではない

メーカーによっては「ソフトカバー付き」のところもありますが、しまうまフォトブックはありませんでした。

特にないから困るということもないですし、カバー付きでお値段が跳ね上がるのであれば、わたしもなくてもいいかなと思っていますが、オプションで選べたらより良いなと。

またハードカバーではありますが、中の写真紙が固いわけではありません。ここは誤解をされる方がいるかもしれないなと思ったので、一応記載しておきます。

【注意】納期が早い!…は違うかも

よくしまうまの口コミを見ていると「届くまでが早い!」という評判を目にしますし、リピートしまくっているわたしも実際にそう感じていたのですが、ハードカバーの場合は少し違いました。

よっぴ
よっぴ

なぜなら、ライトプランが『最短翌日発送』なのに対して、プレミアムハードは『最短5日後発送』と記載されているから…!

実際わたしは注文から発送までが5日、そこから到着までさらに5日かかったので、手元に届いたのは注文してから10日後でした(メール便の場合)

なのでお急ぎの方は、納期に余裕を持って注文することをおすすめします。

【総評】リピートしやすい価格帯とコスパの良さはダントツ

高価になりがちなハードカバーが多い中、この価格でこのクオリティーはまさにコスパ良しで気に入りました◎

ライトやスタンダードと同じサイズで作ることができるので収納も統一感が出るし、何よりイベント毎に気軽にハードカバーでフォトブックが作れるこの価格帯が好きです♡

最終ページにしまうまプリントのロゴが掲載されますが、気になる方は50円払うと消すこともできます。

結婚式のフォトブックも自分で作ると格安だし、子どもが生まれるとお宮参りや七五三、旅行などなど、しっかりとした形でフォトブックに残したいイベントが盛りだくさんなので、リピートしやすいのも魅力だなと感じました。

ちなみに我が家のフォトブックはリビングの壁にウォールシェルフをつけて、このように飾っています。

こうすることでインテリアにもなるし、普段から目に入るところに置いておくことで、収納しっぱなしではなくすぐ手に取ることができるのもお気に入り。


つい撮った写真をスマホに放置しがちですが、こんなにも簡単にフォトブックが作れるって結構すごいことだと思うので、わたしも定期的に作成して行こうと思います。

まずが時間を作るところからだ!おわり。

しまうまフォトブック公式HP

ハードカバーのフォトブックが作れる他の会社

他にもハードカバーのフォトブックが作れる会社を調べたので、参考までに載せておきます。

出張撮影ならfotowa(フォトワ)がおすすめ!

ニューボーンフォトとお宮参り・七五三で利用したわが家のレポを貼っておきます。

fotowaニューボーンフォトfotowaで撮影したニューボーンフォト公開!当日の流れとクーポン情報【口コミ】 fotowaでお宮参り・七五三の出張撮影をして良かったこと・注意点【口コミ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA